2018年11月21日

BMW RnineT Urban G/S レビュー

BMW RnineT Urban G/S
愛車であるこのバイクに一度くらい真面目に向き合った動画を作りたくてYouTubeに投稿したわけです。そもそもモタサイでこれを見に行ったのがきっかけでした。
MOTASAI.jpg
やっぱり80s当時のパリダカのイメージを持った、r80G/S 通称スラッシュに多少なりとも憧れを持っていたのですが、スラッシュr80G/Sとは違い、重くサスペンションもオフよりではないオンよりの性格をもった乗り物であることは、買う前から知って居たわけです。
RNINE.jpg
動画に無いことを記載すると、それでもスクランブラテイストとして、多少の林道くらいなら入れるわけで、オンロードの走行性能を犠牲にしないレベルでのオフ性能という位置付けが僕のようなツーリング中、たまには林道を通りたいであるとか、キャンプ地というのは舗装路は少ないので安心して荷物を積み込んだ状態で入り込めるレベルのオフ走破性は大変にありがたいものだと感じます。

この動画や前回の動画のように、ちょっとひとっ走りで往復500キロや700キロを疲れずにツーリングすることも出来る性能があり、プラス林道もという欲張りなニーズに答えてくれる良いバイクだと感じています。

古典的な空油冷エンジンを有し、ボクサーエンジンの低重心を活かした安定性のある走りはスムーズでパワフル。ただ。唯一ほんとうにどうしようもない部分がひとつありまして、それは作りの悪いシートです。海外のレビューワーには高評価であるこのシートは、日本仕様とは大きな違いがあります。
日本人の足つきを優先したとディーラーが言う、日本仕様のシートは粗悪といえるレベルのもので、タンクとのマッチングもされておらず太ももを圧迫し、単に低くするためになんの考慮もなく削られたシートは個人差はあれど、ものの1時間も乗ってられないほど酷い出来です。

すぐさまK&Hにシートを発注し、サードパーティ製に交換することとなりましたが、7万もするシートをデザインやカスタムうんぬん以前にバイクに乗るために購入しなければならないというのはとんでもない話だと思います。
新車なのですから本国仕様を選択できるとか、タイヤなども選択できるシステムが欲しいものですよね?車と異なり、新車購入のメリットが自分仕様に作り上げる事に主眼を置いていなくて、単にオプション品をディーラーが装着するだけというのも寂しい限りです。

いずれにせよ、BMW RnineT Urban G/Sそのものは大変気に入ったので、今後も長い付き合いになるかと思います。
posted by くらさん at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | youtube情報

2018年11月09日

GoPro Hero7 Black ツーリングレビュー 紅葉を見に

【GoPro Hero7 Black ツーリングレビュー 紅葉を見に】
ひさしぶりにツーリング動画をアップしようか?なんて話をしはじめたのは、夏の北海道ツーリングに行く頃だった。そりゃ、以前はカブで色々やっていたり、SSTRでも動画を少し撮影したりしていたのですが、これというスタイルが確立されていない僕では、なかなか困難な部分もあります。

それでもやってればなんとかなるだろう?という気持ちで、北海道あたりから撮影再開をしはじめたのですが、結論を先に言うと、インカムなんかでの音声の収録が困難だったり、ブレにジンバルを持ち運ばなければならなかったりで、いまひとつ波に乗れなかった。肝心なのはシンプルに装備をまとめて気軽に撮影可能にすることなのかと思います。

そこで手ぶれ補正に強いというGoPro Hero7 Blackが登場したので即買いして早速、CafeJoren店長、ゆきねーを連れ立って往復700km弱の日帰り紅葉ツーリングに出かけたんです。保土ヶ谷BPから東名、圏央道を抜けて中央道、長野県はビーナスラインを超えて戸隠の奥の院までの片道動画が以下になります。


内容的には手ぶれ補正の効果の検証と、紅葉、そしてまたしてもどこに連れていかれるか何も知らず、早朝に呼び出されいきなり往復700km走らされるだけではなく、戸隠奥の院のプチ登山までぶちかまされ、ヘロヘロになり愚痴ばかりぼやくゆきねー店長が見所です。

反省点としてはメットのマイクの性能が悪かったり、インカムでゆきねー店長(伴走者)の音声を収録できなかったりと、今後の工夫や課題がありました。再開にあたり、それでもまずははじめることって大切ですよね。

さぁ、チームジョーレン。2年以上ぶりの再始動です。
posted by くらさん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | youtube情報

2018年10月30日

WKRC ライダーズカフェを巡る大冒険

jorenstart.jpg
WKRC 【Who is King of Riders Cafe】
-ライダーズカフェを巡る大冒険ルートは自由-
WKRCというイベントは足掛け2年、去年は1日か2日で
ライダーズカフェを巡る大冒険を行なってきた。
だから、去年まではエリアは関東近県に限られ、
およそ1日でも行ける距離に設定されていたのですが、
今回はなんといっても期間が1年と長い。
2018年6月16日に件数の多い神奈川エリアが先行スタートし、
(期間は8月1日から来年の5月31日まで)
8月1日からグランドスタートとして
東京エリア、埼玉エリア、群馬/栃木エリア、千葉エリア、茨城エリア
の33件(神奈川を含む)が一斉に解禁された。
wkrc-cardomote.jpgwkrc-cardura.jpg
【WKRC CARD】神奈川エリアのカード
このカードに指定のライダーズカフェに行き、スタンプを
押してもらうわけです。
このエリアカードのスタンプを満タンにして、次は各エリア
の1店舗を自分で選び、その店に行くと、ローカルエリア制覇
から、全エリア制覇を行なった事になります。
さらに全エリアの店舗を全て周り切ると※なんと33店舗もある。
全エリア全店舗制覇!つまり完全制覇となる。
まさにWho is king of Riders CafeのKingという事になるわけだ。

そこまで頑張って何があるの?
と言われれば、以下の記念品と証明書が手に入る。
完走証明キット.jpg
※クリックして大きく見れます。
つまり、各バッチと証明書が手に入る。

しかし、本質的なWKRCの魅力って何だろう?
それぞれのライダーズカフェには、もちろんそれぞれの顧客がおり、
しかも様々な地域にまたがり近場の特色溢れる観光地も様々だ。
自分にあう通えるライダーズカフェを探すのもいいし、ツーリング
先で行く場所のついでにコーヒーを一杯飲める、しかもWKRCという
キーワードで話の花が咲く事もあるだろう。
愛車にまたがって走る理由の一つにしても構わない。
短い期間でまわろうと思えば、そりゃ大変だ。
スタンプラリーであり、ラリーであるからには様々な障害もある
かもしれない。

調べないで行けば休みかもしれないし、
営業時間に間に合わない事もある。
もしかしたらスタンプを押してもらうのを忘れて
しまうかもしれない。
雨の日もあれば、雪の日だってある。
夏は暑いし、真冬に凍結や雪で行けなくなる場合も
あるかもしれない。
だからこれは本物のラリーレイドで起こりうる様々な
ネガティブも内包したイベントでもあるのだ。

だからこそ主催側の僕らや、ライダーズカフェのオーナー
は参加者を本当に仲間だと思うし、尊敬もする。全てのエリア、
全ての店舗を巡り切るには膨大な時間と、走行距離が必要だ。
現在、僕は神奈川エリア、群馬、栃木エリア、茨城エリアを
全店舗クリアし、千葉エリアを1店舗のこし、埼玉エリアは1店舗
のみ行っている段階だ。全エリア制覇には東京を1店舗。完全制覇
には埼玉東京を制覇し、千葉の残り1店舗をクリアしなければならない。

この段階で完全制覇を成し遂げている人は、たった2人である。
月をおうごとに増加していくが、僕も年内に完全制覇を行い、
このブログで今後、様々な事を情報発信していけたらと思っている。


posted by くらさん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | WKRC