2016年12月03日

焚き火の王道

11月半ば、いつものライダーズカフェcafe jorenで常連であるカブ乗りでもあったり、アフリカツインなんか乗ってるアウトドア大好きな仲間とアウトドアの話で盛り上がっていた。それは単純に、もっとアウトドアらしいアウトドアを楽しみたいってネタから広がり、焚火の話に行き着いていた。
やっぱり自然とアウトドア最大の目的でもある焚火は議論がつきない話なのだが、僕がキャンプを始めた頃は知識もなにもなくて、調理なんかは焚火でする物だと思っていたし、マキなんかは買う物ではなく拾うもんだと思っていたと言う話になって行った。もちろん、現在では道具も一通り揃えているし、焚火なんかしなくても十分なほど調理できるバーナーも揃えている。

やはりバイクっていうのは車ほど荷物を載せられないし、出来ればキャンプ地までの行き帰りでも走りを楽しみたいので、必然、最小限の荷物でキャンプする事が理想だ。
じゃあどこまで出来るのか?というテストをしようって事で、寒い時期なので日帰り、そして焚火に絞ってやってみる事にした。ルールは単純にマキや焚き付けは現地調達、特に意味はないけど火つけはライターなどは使わず、ファイヤースターターのみで行うという事にしてみた。
firestarter.jpg
メタルマッチ、とかファイヤースターターと呼ばれるマグネシウム製の金属棒をこすって火花を飛ばす道具がこれである。雨に濡れようがなんであろうが、とにかく火元になるので、こいつを所持し、使いこなせるならばいいにこしたことはない。ただし、様々な好条件がおり重ならなければ楽な道具ではない事は間違いはない。

cross71.jpg
クロスカブ3台、リトルカブ1台、タイカブ1台の計5人で丹沢まで出向き、一応は火を起こせなかった時のために昼飯用に火器を持ち込み、形上はラーツーというテイで臨み、ハラを満たした上で焚火にとりかかった。

幸い落木や枯れ木がふんだんにあり、枯れ草もそこらじゅうにあったのだが、前日の雨でやはり木は湿っている。それでも拾い集めナイフでフェザースティックを作り、枯れ草を鳥の巣のようにゆるやかに巻き、ファイヤースターターをこすってみたが、やはり思うようには着火しない。多少の湿気の問題もあるが、この手の火種は小さくついた物を息で大きくしていくのが定石なのであるが、ひとりの参加者が枯れススキを発見し、いくつかちぎって持ってきてくれた。
ちょっとだけ昔を思い出し、いやーな予感がしたのだが的中!ファイヤースターターを軽くこすった程度で、すさまじい勢いで燃え上がり、一瞬のうちに苦労して作ったフェザースティックまで燃やし尽くし、そのほかが燃えない。。

あーそりゃそうだよね、自分の未熟さに笑いながらもそれならと、ススキを再度集め、それを枯れ草で包み込み燃えづらくし、その上に小枝を乗せつつ、再び着火、今度はゆっくりと燃え広がってくれて大成功。
枯れススキを枯れ草で包み、小枝、そして徐々に材料を大きくし、石を風除けに配置しながらその石をうまく使い、大きなマキを乗せながら火を安定させる事は、一旦ついてしまえば普通の焚火とまったく同じ工程だ。


ファイヤースターターやメタルマッチで、自然のそこらに落ちてる材料で焚火をする場合は、このように季節によっては本当に簡単で、枯れ果てて落ちた木や、焚き付けに使える枯れ草、ススキなどあれば難しい事でもなんでもないと思う。
過去にやったときは、枯れた杉の葉や、どんぐり、季節によっては木の皮、特に松なんかを使えばなんとか可能であると思う。手間をかけて落木をナイフで紙より薄く細くフェザースティックにするとかの工夫でも可能だ。

逆に絶対無理なのは、落ちている枝や木ではなく、切ったばかりの生木や芯まで濡れそぼった木、まったく焚き付けを加工して作れるナイフや道具、技術が無い場合だろう。これはライターを使ったとしても、焚き付けに紙を持参しなければいけなかったり、それ用の便利な着火剤に頼るしかなくなる。

ただし、今回は売ってるマキもライターも着火剤もなにもかも使わず、ファイヤースターターで自然にあるもので焚火をするというテーマでやった事で、別にそんな苦労をわざわざしないでも、結果、焚火が出来て暖をとれて、楽しめればいいと思うし、普段の僕はそれに近いどころかキャンピングカーでお手軽、快適にすますことだってあるのだから。
ただ、やはり究極のアウトドアは知識や技術とわずかな道具で、どう自然と向き合い、楽しめるか?っていうのもテーマだし、なんでもかんでも金で買えるモンで快適にすますってだけでは楽しさの共有も狭まってくると思うのだ。
これから、少しずつ、そういう方向でのアウトドアの記事も書いていきたいと思ってます。
【アウトドアの最新記事】
posted by くらさん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア

2016年11月19日

常連の方との会話をラジオにしてみました

1477684889304.jpg
今、力を入れているCafe Jorenの話題、ツイッターなどの話題を中心に今週の営業やイベントのご報告をさせていただいているのですが、なにせ知っている方はおわかりの通り、いろいろオカシな事をやっているわけですが今後はツイッターなどと連動できる企画を目指していこうかって思っております。
さて、話題の中心は常連になっていただいてる方々と昭和の映画の話なんかしていたわけですが、ちょっぷさんがマニアックに大好きだというマッドマックスの話題で盛り上がりまして、当社の整備士、なるほどクマが登場人物で大好きだと言うナトイライダー(劇中登場は最初のほうだけ!)の話題がツボりまして、今回の曲につなげようってな話です。

これがそのシーンなのですが、おねいちゃん乗せて悪い事して俺はナイトライダー!とかイキがってるのですが、追い詰められて突然泣き出すというかわいそうな男です。
最期は、ほんとに高速道路の星になっちゃうのですが、だから話題から流す曲はディープパープルのハイウェイスターにつなげるという構成にしたわけなのですが、だってここでナイトライダー氏が言ってる事ってこの曲の歌詞の世界観まんまなわけですよ、この映画全編にわたりそんなヤカラが色々登場するわけですが、ホントこの時代の映画のやりたい放題は面白いです。
ライダーズカフェ Cafe Joren ほんと毎日面白いバイク乗りのお客さんがいらっしゃって面白い毎日をすごさせていただいております。

毎週土曜日夜18時よりFMやまと エリア外の方は
iPhoneでは比較的軽いApp「RadioKnock」をインストール
Radio Knock
https://itunes.apple.com/jp/app/radioknock/id920281723?l=en&mt=8
スマホでもパソコンでも聞けます。
毎週土曜日 FMやまと 夜18時より18時30分まで
posted by くらさん at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FMやまと放送告知

2016年11月10日

リトルカブは満タンでどこまで走るのか#3


リトルカブは満タンでどこまで走るのか?#3

2話目で伊東マリンタウンまでやって来て休息をとったのだけど、正月2日の朝とはいえ、僕らにとっては初日の出!それを絵におさえようと束の間の睡眠で起床、きっちり朝日を抑えたあとは実はまた少し仮眠をしてしまいました。それでもなんとか早い時間に出発、なんせ人間が走るよりも遅い速度で走行しなければならない我々なのですから。

100kmを超えて、だんだん疲れて来てしまい、ついついクロスカブの僕が気づかないうちに先へ先へと走ってしまい、ミッドランド製のインカムの雑音が入るほど離れた段階で気がついてペースダウンなんてシーンが増えます。頭の回転もあまりよくなくなり、秘宝館に行きたい!もうだいぶ前に通り過ぎてるじゃないか!とか、深夜とことなりポカポカとした日差しと伊豆半島の南国の気候に幸せを感じながら、ゆきねーをディスりまくるというお約束を連発します。

毎度おもうのですが、ほんとニコニコ笑いながらみんなのディすりに耐え忍ぶゆきねーは、なかなかの人格者?ぷりをかもしだしてます。(?)正月の白浜海岸があまりにも美しかったので、しばし休憩、燃料をチェックすると130km走行して急激に残量メーターが下がりはじめました。これでは伊豆半島一周も困難であろうことと、もう、これは下田で折り返してどこまで戻れるかのほうがわかりやすいだろう?っていうことになり、下田で折り返す事になりました。

伊豆下田142.7kmで折り返し、風呂くらい入ろうよという話になり、船戸の番屋の露天風呂に浸かり休憩。夕方になり誰もいなかったからって、僕には内緒でしっかり山川にお見苦しいショットを撮影されるという目にあい、世間さまには多大なご迷惑をかけているかもしれない迷惑な僕の入浴シーンが出されちゃってます。(断じてヤバイモンは写ってません。)そのせいで実はアクセスのびねーのか?なんて逆に責められる始末で、ほんと、ひどい連中ですコイツらは。

そしてその時はおとずれる、169.7kmでエンプティランプ点灯!!
もうここまでくると、待ってましたよ?エンプティ!撮影終わったらせっかくキャンピングカーもあるんだし、ゆっくりしようとか、いろんな事考えてましたもん。僕ら。

第3話の見どころは!!!!
実は、ちゃんとこのへんから距離や実際の地図をちゃんと出して、リアルにどこまで満タンで行っているのか?をきちんと表示している事と、一応、観光情報的な要素、白浜海岸や、船戸の番屋などをご紹介している事なんじゃないか?って思います。別に旅番組じゃないわけなので、気軽にやりすぎてるんですけどねぇ、ゆきねーの大好きな水曜どうでしょうの食いもん対決なんかは一切ありません!
posted by くらさん at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | youtube情報